会社を大きくしたい!、提携先企業をお探しの経営者様!M&Aのプロに相談してください!!

>>詳細はコチラ<<

2007年06月04日

会社売却

会社売却


会社の売買は、国際競争が激しくなるなか増加傾向にある。
会社売却の理由は、それぞれだが、国際的なマーケット拡大にともない
生存競争と事業拡大のために用いられる傾向があり、買収の規模も拡大傾向にある。
中小企業においては、後継者の問題で、会社の売却にすすむ例も多い





M&A
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

M&A(Mergers and Acquisitions(合併と取得)の略、エムアンドエー、エムエー)とは、企業の合併及び買収を総称して言う。他の企業を取得しようとする際に、それを企図する主体やその子会社などに吸収合併させたり、相手企業の株式を買収して子会社化したりする手段が用いられることから、およそ企業の取得という効果に着目して総称するものである。

M&Aは、新規事業への参入、企業グループの再編、業務提携、経営が不振な企業の救済などを目的として実施される。広義には包括的な業務提携やOEM提携なども含まれる。

日本法上の概念としては、企業合併、会社分割、株式交換、株式移転、株式公開買付などの要素が核となるが、各要素は対象企業のコントロールを得る手段として捉えられ、M&Aという場合には、利用する手段のデザインを含めた企業戦略を把握する概念として用いられることが多い。


posted by 会社売却 at 16:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。